登山における懐中電灯の重要性

日本はヒマラヤのような高山こそありませんが、魅力的な山が数多く林立する国です。
そのため登山を趣味にしている方も老若男女問わずいらっしゃいます。
さて、では登山の時には何を持っていけば良いのでしょうか。
登る山によっても多少異なりますが、基本的には飲料と食料、防寒具や懐中電灯等が必要となります。
普通のハイキングであれば、通常懐中電灯は持っていきません。
しかし、山に登るとなると話は別です。
山の中には雑木林など、見通しの悪い部分があちこちにある上、急に霧が発生するときもあるなど日中であっても人工の明かりがないと前へ進むのが困難な場合があります。
また、山には遭難の危険性があります。
もし遭難してしまった場合、人工の光を空に向けて点滅させるとそこに人がいることがわかり、救助隊の人に見つけてもらいやすくなります。
このように、登山において懐中電灯は単に道を照らすだけでなく、自分の身を守るためにも役立つ大変有用なツールなのです。

登山をするとき懐中電灯は絶対に持っていくこと

登山をするときは、必ず持っていかなければならないものがたくさんあります。
中でも、懐中電灯はとても重要です。
登山は明るい時間しかしてはいけないと思っている人が多いですが、決してそんなことはありません。
山によっては夜でも登ることがあります。
その場合、懐中電灯が必要と言うことはすぐ分かりますが、日中に下山すると言う場合でも必ず持っていくことです。
山の天気は変わりやすいと言うことは多くの人が知っていますが、日中でも想像以上に山中が暗く感じることがあります。
日中でも懐中電灯がないと足元が見えにくくなり、転倒してしまう可能性が高まるので、必ず準備しておくことです。
しかし、登山ではなるべく両手をあけておきたいので、手に持つタイプのものでなく、ヘッドランプや腰に付けるタイプのものにした方がいいでしょう。
また、重量があるものだと体に負担がかかってしまうので、できる限り軽くて防水仕様タイプのものを選ぶことです。

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>
Copyright 2015 非常時のお供 All rights reserved.